迂闊にも程がある

迂闊なおばさんの悲喜こもごも

晩年

 

私的三連休の最終日。

この三連休は誰のためでもない自分の休み時間を過ごした。

 

一昨日は記事にもした大山崎山荘美術館で心の滋養たっぷりの時間を。

今日は晴れたり曇ったりのはっきりしないお天気。それでも昨日みたいに一日中雨が降り続いた日の後じゃ束の間の晴れ間も嬉しくってありがたい。

ちょっと勇み足かも知れないけどホットカーペットを片付け、上に敷いていた2畳サイズのラグとキッチンのインド綿のマット達も洗濯したものだから「もっと陽射しを!」などとわかりづらい洒落を呟きつつ(寒)、陽が当たる場所を求めてラグ民族の大移動を繰り返していた。

 

昨日は見事に一日中雨のお陰で一昨日大山崎山荘美術館ミュージアムショップで購入した「藤田嗣治 手しごとの家」林洋子著 集英社新書をゆっくりと読むことが出来た。

 

この一見、気軽で華やかに思える本の隠しテーマは「遺品」です。藤田嗣治が遺した「もの」について書きました。(略)本書では、もはや歴史上の公人となった創造者・藤田嗣治の画家以外の活動領域を示す「手の痕跡」が感じられるものに絞りました。(略)この世に存在するものはすべて誰かの遺品か、未来の遺品だと思うと、また日々の生活が違って見える気がします。君代夫人が最後まで手元に置いた藤田の遺品ー日記と手帳が公的な文化資源として、しかるべき組織で保管され、そしていずれ公開されるよう、微力ながら今後とも力を添えていきたいと思います。

藤田嗣治 手しごとの家」あとがきより引用

        

私たちはとても貴重なものを見せて頂いたんだ。

 

晩年の過ごし方・・・。

40代の半ば頃、当時の友人から格安で譲り受けた写真集がある。何と別の人からも同じものを頂いた。

 

 

保存用と鑑賞用として1冊ずつ。大事にしている。

 

「あなたこんな感じ好きでしょ」と。

 

購読しているブロガーさんがこの方の名前をタイトルにあげていらして本当にドキッとした。

 

キャサリン・ヘプバーン

 

また、書きます。

 

いつも目にするところへ







 

 

行きたかった場所へ ~大山崎山荘美術館~

 

私的3連休の初日かつ天気が良いという事で出掛けて来た。

アサヒグループ大山崎山荘美術館

藤田嗣治 心の旅路をたどるー手紙と手しごとを手がかりに~

 

1月22日のブログに「近いうちに行ってみよう」と記しながらやっと実現。

読者登録しているブロガーさんの記事を読んでいなければもっと先送りしていたかも知れないけど、藤田嗣治画伯の展示は明日まで。もう今日しかないでしょ。

 

yahoo乗換案内で最安のルートを選ぶ。他の最速ルートよりも120円安いだけだけど。それが時間の無駄使いをする原因となってしまった。

JR山崎駅着のルートではなく阪急大山崎駅着を選んだのだけど、大阪駅及び梅田でちと迷ってしまい、乗る予定だった阪急の京都河原町行きに乗り遅れた。次は20分後。たった120円をケチった田舎者のおばさんの成れの果てである(そこまで言わいでも)。

ただ、その待ち時間20分の間に残額ギリだったICOCAのチャージも出来たしおトイレも行けた。何事もエエ様に考えねばならぬ。

それでも阪急よりもJRの駅の方が美術館に近いというおまけが付いてきた事は記しておく(エラそうに)。

 

13:00ジャストに阪急大山崎駅に到着。ひとりなので途中のおしゃれなお店を横目で見つつも美術館へと急ぐ。もうワクワクしてしまって気が逸っちゃってるのだ。

噂通りの急な坂道を上がって行く。ワクワクを通り越して胸のドキドキと息が・・・。

 

途中道が二手に分かれていて左は秀吉の天下分け目の天王山山頂へ。右が美術館。

これは真夏だときっついなぁと思いながら、ふと前を見ると80代とおぼしきおしゃれなマダムが杖をついて上がっておられるではないか。

もぉ~、レオナール藤田ったらさすがね、そうまでしてあなたの世界に触れようとしている方がいらっしゃる。私もこの程度の坂で息ハァハァしてる場合ちゃう。

ありがとう杖のマダム。後で美術館の館内でマダムを見かけた時嬉しかったなぁ。

 

坂を上がり切ってホッ。お願いして撮って頂く(笑)。ちょっと出っ腹すぎやしないか😅

 

さり気でかわいい入り口。入館のために並ぶ。

 

今回は展示が藤田嗣治画伯であり三連休の中日でお天気が良いという好条件のせいか、入館は並んだ(と言っても15人くらい)。でも、2時間ほど鑑賞して外へ出たら何と長蛇の列が出来ていた。

 

今回の展示はタイトル通り藤田画伯の「人となり」にほんの少し触れる事ができる内容でとても好きな感覚というか(語彙)興味深かった。乳白色をベースとした油彩は有名だしもちろん感動モノ。私は今回の展示で何が好きってフランク・シャーマン氏に宛てた絵手紙のポップでコミカルなチャーミングっぷり。全然古さを感じない。

 

 

そして

戦争はやっぱりダメだ。

 

 

 

 

 

ここの美術館にはコロナ前からずっと行きたかったのに今頃になった。

貴重な文化財としての建物にも興味があったし、大正末期~昭和初期に建てられた英国風のレトロな建物と安藤忠雄氏による新しい建造物がどの様に相まって存在しているのかも見てみたかった。

 

この通路(渡り廊下?)がすごく好き。

 

こちらは「地中の宝石箱」と呼ばれる地中館への通路。
コンクリートだけど周りに溶け込んでいる。

 

朝日麦酒株式会社初代社長・山本為三郎氏は「民藝運動」にも理解が深く手厚い支援をしていた。朽ち果てていた山荘を今の様に蘇らせて頂いて心から尊敬を。

ありがとうございます。

むつかしい事はよくわからないけど「品のあるお金の使い方」と思う。

 

 

ukahodo.hatenablog.com

 

 

庭園もステキ。ちょうど池を洗う作業をされていた。足立美術館の庭園も素晴らしかったけど私はこの山荘美術館の素朴でシンプルな庭が好きかな。

 

春は桜が美しいだろうなぁ。

 

昼食をとっていなかったけどあんまりお腹空いてないのも不思議。駅前におしゃれなカフェがあったけどひとりだし満席だったのでパス。お腹は空いてなかったけど喉がカラカラ。

JR駅前のデイリーヤマザキにて休憩(笑)。

 

このベーコンエッグトーストが冷えてるのにめちゃくちゃおいしかった。
外食代558円也。



ミュージアムショップでとても面白い著書を入手

 

藤田画伯は生活の芸術家でもあったんですね。自分の住まいを自分の好きな感覚や物にする、それもしかも自分の手で作る。藤田画伯って本当にマメな人だったんだ。

真似は出来ないけど、暮らしを彩るという事に関しては私たちだってそれなりにやっているし、これからも出来る事だと思う。

 

いいわぁ。

最高の三連休初日に感謝。

 

 

仕事帰りの車窓から

 

世間よりは一日ズレて明日から三連休。

別に(言い方)希望した休みではないのだけど嬉しい。

月の半分しか働いていないパートでも三日も続けて休めるのが嬉しい。

 

だからって特に何ってないのがまた嬉しい。

その気になれば何ってあるかも知れないけど今は明日から三日間仕事しなくていいんだ

っていう三日間なんだからそれでいい。

 

今日の仕事の帰り道、

輪郭がやけにぼんやりぼんやりしたまん丸なお月様が見えた。

 

今日は月が綺麗

と思う日は満月ばかりじゃない。

 

雨上がる

 

雨の日が続いている。

菜種梅雨と言うにはちょっと早過ぎる気がするけど、今シーズンの暖冬っぷりならさもありなん(普段こんな言葉使いはしない 笑)。

1週間近く雨が降ったりやんだりしつつも気温が高い日が続き、庭のあちこちで雑草たちがぴょこぴょこと芽を出している。今年の雑草祭りは例年よりも早く来そう。

 

午前9時過ぎには雨は止み曇り空へと変わった。昨日までの2月とは思えない陽気から今日は気温は低め。

 

父を迎えに行く。父には昨日今日行く旨をラインで伝えていたが未だに既読は付かず(苦笑)。もちろんホームのスタッフさんには伝えてあったので父は一階のロビーのソファに座わって待っていた。綿のロンTに綿のベストという「まだ、その恰好は早いやろ、しかも今日寒いのに」と突っ込みたくなる装いで。スタッフさんが「外は寒いから上着を持っていった方がええんちゃいますか」と声を掛けてくださったにも関わらず。次からはやっぱり部屋まで迎えに行く事にしよう。

 

行き先は餃子の王将(鉄板)。

一応行く前に父に尋ねてはいるけどやっぱり王将なのだ。

いつもの天津飯と餃子1/2。

一定のリズムで口に運びペロリと平らげた。

ホームの食事は半分くらいしか食べないと聞いているのに。

王様 もとい 王将様様である。

 

前回に訪問した時「晩御飯を食べさせてくれなかった」と訴えた父だったが、その後はそんな様子も見られないらしい(副所長さんの話)。良かった…ほんとに。アレは一体何だったんだろう? 

でも今はもう考えるのはやめよう。

 

超難聴の父は声が大きい。

「王将はやっぱりおいしいなぁ」と満足気。

 

前回はどん底に突き落とされた気分だったけど、

今日のこんなちょっとした事がどんよりと重たかった気持ちを軽くしてくれる。

正直に言えば今日も行く前は気持ちが重かった。雨が強く降っていたら父を介助して歩くのは危ないのでやめようと思っていた(正当な言い訳をどこかで探していた)。

やはり雨は止んだ。断る理由はなくなってしまい行かざるを得なくなった。もちろん事前に今日外食することを聞かされている父をがっかりさせたくないとの思いもあったけど…。父の様子を見ていると結果オーライ。

 

迷っているくらいならサッサと行動しやがれと今は思う

どうせ、ほっとけないんだから 笑。

 

思い出貯金

 

職場で休憩中に東京の次女からライン。

私の好きなアーティストの「ライブの抽選が始まってるよ~」とeプラスのURLも貼ってくれていた。

年末年始に私が「今年はそろそろライブ活動も復活出来たらいいな」的な事を言った時に次女が「協力するわ。あのヒト(私の好きなアーティスト)のライブ情報追いかけとく。解ったらまた連絡するね」と。(なんて親切なんだ、誰に似た(笑))

 

帰宅してから早速eプラスにまず会員登録してからライブの抽選申し込みにチャレンジしたら、ちゃんとメールが返ってきて「プレオーダーを受け付けました」と書かれていた。

次女に早速情報提供のお礼ラインと無事に申し込み出来た旨をラインすると、次女が自分の事の様に喜んでくれてちょっとウルッとしてしまった(抽選に申し込めたというだけでこの有様(笑))。

 

年々この手の作業に疎くなり、そのせいで行きたい気持ちを諦めたり…。そして増々めんどくささに拍車がかかり新しい事から遠ざかっていってしまう。というか、その手の手続きのめんどくささのせいにしていたのかも知れない。

 

ライブとはちょっと違うけど、数日の旅行を計画しても父に何かあって旅行中に連絡があったらどうしようとか、起きてもいない事を思いあぐねて「あぁ、やめやめ!」って勝手に諦めてしまっていた。

けれども、今はもう「その時はその時だ」と思えるようになってきた。

実際に去年の2月に奄美大島旅に出た時は「命に係わる事でなければ『帰ってから何とかします』って言おう」と決めて思い切って行った(一応ホームには旅の予定は伝えていたけど)。あの時はコロナがまだ5類になっていなくて父とも月に1度10数分のガラス越し面会でしか会っていなかったから、父は私が奄美に行ってたことなんて知らないけど。

 

行かなかった事ややれなかった事を人のせいにしたりするのもけったくそ悪いし(実際それが本意ではない)、これからはしょうもない縛りを解こう。。

まぁ、まだ仕事もしているしそんなに裕福でもないので、そこんとこの自由度はアレだけど(笑)。

 

今日、同僚と話していた事。

うかほど:もうモノはええわ、コトよね。

同僚さん:ほんまほんま物より体験やわ。

 

コト・体験

って過ぎれば「思い出」ってことになるんだろうな。

今よりもっと年を取った時、お金に困らない事ももちろんだけど、かけがえのない溢れんばかりの思い出がきっと私を助けてくれる様な気がする。

 

eプラスに登録できて抽選申し込みに成功した話からここまで飛躍するか(笑)。

 

 



 

あなたの前ではいい人だけではいられない

何かコトが起こった時だけでなくなるべく日々の記録を残していきたいと思いつつもなかなかままならない。仕事がある日は疲れてしまって(心身共に(笑))書けないと言うか書く気も起こらないというか「こんな事書いてもどうにもならない」という妙に賢い自分がいたりもする。日々の暮らしや営みの中でも特筆すべきアクションがなくても心や感情は常に動いているのにね。疲れていても書きたい事がある、それについてどうしても書きたいという並々ならぬ欲望というか発露が乏しいのだろう。

 

前回のブログで久しぶりにワインを飲んで「飲まずにやってられるかい!」的な事を書いたけど、そこまでの勢いというかある種の情熱みたいなものを持って飲んだわけでもなく負の感情を一時的にごまかすためのアルコール・・・書いていて自分でも理屈っぽいていうか言い訳がましいし・・・(どないやねん)。

 

前に父に会った時あまりにも会話にならない、だんまりを決め込んでしまった父に対して「じゃ帰るわ」ときびすを返してしまって激しい自己嫌悪の嵐が吹き荒れた事も程度の差こそあれ何回か繰り返している。

父に対して悪い事(嫌な態度を取ってしまった)をしてしまったと感じた事は本当だけど、自分がいい人でいたい って事はどっかにある。

 

父がいるホームに対して。

父をお世話してくださる方々に対して。

こんな事を誰かに話す時とか、このブログでの文章とか…。

 

ただ肉親である父にはいい人ではいられない。

私はただの娘でしかない。なんだけど父に物理的にも心情的にも一番近い人物は私だ。

だから他人ごとではなく本音でぶつかってしまう。

元々 豪放磊落な人では決してないし、見栄っ張りだし気は小さい人。

私だって父に向き合ったのは母が亡くなってからで、

それから遠距離介護が始まり父の性格を嫌というほどに知った。

 

私はいい人でいようと思う。父に関わる人たちの間では。

それは大人のお付き合いの仕方だと思うから。

父と父に関わって下さる方々と私がそこそこご機嫌よく接していけるように。

ただ、余りにもアレな時はモノ申しますけど。

 

私は父に対しては作り笑顔が出来ない。

介護の仕事はしているけどそこは別。

不器用で申し訳ないと思うけど無理な物は無理。

 

 

今日の私は休日。

夫は仕事。よくあるひとりの休日にのんびりマイペースで自分の時間を過ごした。

行こうと思えば行けたけど予定通り父のところへは行かず。

一本映画を観た。

家事的な事以外に特に何をしたでもないけど心はフリーでイージーな一日。

 

一か月分溜まったレシートを見ながら家計簿記入。
捨てた消費の証拠が綺麗だったので。

 

 

 

やらかしちまった

 

飲んでます、明日仕事だというのに(笑)(笑い事ちゃう)。

やっすいワインですわ、ペットボトルの。

サントリー酸化防止剤無添加のおいしいワイン糖質30%Off(一応そこは気にするんかい笑) 辛口アルコール度10%。

いやぁ、久々だな、飲まずにやってられるかい!って感じ(笑)(笑い事ちゃう)。

 

やらかしちまった。

別に駅まで自転車乗って行ったのに歩いて帰って来たとか、そんな微笑ましい事ではなくて、今思い出してもため息なり…。

 

父のところへバレンタインデーのチョコレートと父の好きなどら焼きを届けに行った。

ちょうど受付のところにいらした所長さんが「実は…」と話し始める。その表情からしていい話ではないだろうと想像するに難くなかった。

その話の内容は書くか書くまいか一瞬悩んだけど書く(早)。

 

  • 今朝スタッフさんがいつもの時間に朝食の声がけに行ったら父が「どんだけ待たせるんや!」と激怒。
  • 昨日の夕飯を食べていないと主張している。
  • 入浴時シャワーキャリー(入浴時の車いすの様な物)に乗ってくれない事。乗る様に促すと怒る。

 

結構衝撃だった、特にふたつ目は。

ひとつ目も父的には昨日夕飯食べさせてくれてないのに何でこんなに遅いんだ!くらいの勢いだったのだろう。父の中では「何でこんな理不尽な扱いを受けるんだ」との思いがあったと思う。

しか~し、父は夕飯をちゃんと食べているのだ。

父は介助なしのひとり歩行は出来ないので、居室外の移動はすべて歩行介助をつけて頂いている。昨日もスタッフが食堂まで誘導してくださっているのだ。その事すらすっぽり忘れているの?

 

父の部屋に入ると父はベッドでお昼寝中。

「おこんにちわぁ~~~」と言うと、いつもの父の笑顔になった。

まずはバレンタインデーのチョコを見せる。

「えらい上等なん買うてくれたんやな」と嬉しそう。

実はcoopの店舗で買ったMorozoffの箱入りチョコ(笑)。片手が不自由な父のために包装紙を破り上蓋もとって紙の内蓋だけをのっけて冷蔵庫へ。色の付いた銀紙で包まれたチョコは上手く食べられるかな。

 

父と話す。

やっぱり昨日夕飯を食べていないという。

そっか。

朝の件は昨日の夕飯を食べていない事をスタッフに訴えたら、ひと事の様な態度だったので待たされた事を怒ったのだと言う。

そっか。

なんか聞いていく内にココロがピリピリする。

朝のスタッフの態度は多分ビックリしてしまったのかなぁ、と。だって父は認知症ではなく今までも一回もそんな事はなかったから。私がスタッフだったら「え~っ、食べてはりましたよ」って言ってしまうと思うしね。

 

実は・・・

前述の父に「おこんにちわぁ~~~~」と声を掛けた後、父はいつもの笑顔になっていたけど、開口一番「昨日の夜ごはん食べさせてくれへんかった」と言ったのだ。

事前に所長さん副所長さんに話を聞いていなかったら私は取り乱したかも知れない(運よく受付にいらして聞かせてくれてありがとう)。

さておき、父はよっぽどその事を私に伝えたかったんだろう。だって父にとってはそれが真実なのだから。

 

色々と話していく内に父が以前の時の様に目も合わせずだんまりを決め込んでいく。

 

ukahodo.hatenablog.com

 

はい か いいえ で答えられやすい様にと考えた問いですらだんまり。

はい、あなたは昔からプライドが高く人目も気にする人だったし、

結構辛辣な事を言ってのける人だった。

それゆえに私は傷ついた事も何度もあった。

 

それでも、私はやっぱり父の側でいたい。今の父にとっては頼れるのは実質私だけだもの。父が食べていない!と訴えていたのに私は父の側からではなくて他人事として「いや、食べてはるってみんな言うてはるねんで」と言ってしまった。

もちろん、父はちゃんと食べている、それは紛れもない事実。

でも、父にとっての真実は違う。その父の言葉や心に寄り添えるのは私しかいないのに否定してしまった。

 

でもさ 父も少しは歩み寄ってよ。

ていうか、もっと人の話をちゃんと聞こうよ。

そんなん聞いても何もならんとか、それは違うで。

ずっと前から思ってた。

 

 

あまりにも目も合わさずだんまりというか、あろうことか無視しくさるし、

その表情も何か腹ただしい。

「そっか、じゃ帰るわ」とその場を去った。

スパーン!

 

やらかしたな、わたし

激しく自覚在り。

 

今日の無礼を詫び、

次は来週の木曜日に行きますとラインする。

(予想では既読が付くのは3日後 笑)